変わブロ -Self Reform-

ダイエット失敗から成功への体験談、子宮筋腫の手術の体験談を主に綴ります

東京コーヒーフェスティバルに出店していた「バターのいとこ」が美味しいのはもちろんだが商品のコンセプトが素晴らしい

東京コーヒーフェスティバルとは

東京都渋谷区神宮前の国連大学前広場で2019.4.13~4.14に開催のイベント。

2015年に始まった日本最大級のコーヒーイベント。1杯のコーヒーの裏側にいる生産者やロースター、バリスタといった職人の活動を世に広めるとともに、コーヒーと社会との関係や、コーヒーを取り巻く文化を探求するべくスタートしました。自由を求める人々の傍らにはいつもコーヒーがありました。固いことは考えず、自分が一番好いと思うコーヒーの楽しみ方をみつけ、自由について考える場です。

   

f:id:kakurakyo:20190414143638j:plain

東京コーヒーフェスティバルミニマグ

1500円で4杯飲み比べできるミニマグはおすすめだ。

tokyocoffeefestival.co

東京コーヒーフェスティバルに出店していた「バターのいとこ」が美味しすぎるしコンセプトが素敵

バターのいとこ

バターのいとこ

なんとも濃厚、なぜか懐かしいけど食べたことのない味と触感。

シャリっともするしでも柔らかいし、こってりしているようでなぜかシンプル。

ああ、もういい!

とにかく美味しい!

 

バターのいとこ

バターのいとこ

無脂肪乳から作ったミルク感たっぷりジャムをバター感たっぷりのふんわりワッフルでサンドした那須高原の新銘菓だ。

ただ美味しいだけでなく、

GOOD LINKS,GOOD LIFE 喜びの連鎖が豊かな食卓へ

というコンセプトが素敵。

那須には美味しい牛乳を愛情込めて作っている酪農家がいて、その牛乳から良質なバターが作られるわけだが、なんと牛乳から採れるバターは5パーセントという。

残りは無脂肪乳や脱脂粉乳という形で安価に販売されるしかない。

しかしその安価で販売される無脂肪乳もバターと同じく酪農家が愛情込めて作った牛乳であることには変わりない。

無脂肪乳の価値をもっと高めたい、そんなコンセプトから生まれた銘菓がこの「バターのいとこ」だという。

無脂肪乳を主原料にした美味しいお菓子を作る→観光客がお土産に買う→無脂肪乳の価値を高める→生産者、地域が活性化する→良質のバターができる→食卓も豊かになる

正のスパイラルを生み出すというわけです。

ネーミングもセンスありますね。

 

butternoitoko.com

信販売も始まったようです。一度お試ししてみてはいかがでしょう?

バターのいとこ

バターのいとこ