変わブロ -Self Reform-

ダイエット失敗から成功への体験談、子宮筋腫の手術の体験談を主に綴ります

ダイソーの手ぬぐい大好き!手ぬぐいでブックカバーを手作りしよう

ダイソーの手ぬぐいはアイデア次第で使い道いろいろ!

ダイソーに売ってる手ぬぐいって100円なのに色々使えて気に入った柄があるとついつい買ってしまいます。

そのまま、目隠しにさっとかけるのはもちろん、私は手作りが結構好きなのでこの100均手ぬぐいと自分のお気に入りの布を合わせてブックカバーを作りました。

   

出来上がりをイメージして布を合わせるのがとても楽しいのです。

ダイソーの100円手ぬぐいで作るブックカバー



ダイソー手ぬぐいで作るブックカバーの作り方

ブックカバーの作り方


私は型紙作るのが面倒でノートに大体のアイデアを書いてから直裁ちしてしまうことが多いです。

   

材料

好きな手ぬぐいとか布

ゴムテープ

麻ひも(ヘンプ)など

ボタン1個

作り方の順序

  1. 表布、(途中で切り替える場合は布の割合とかバランスをイメージする)、裏布を本のサイズ、厚みより少し大きめにカット(プラス縫い代も)。今回は東野圭吾の「白夜行」という結構な厚みのある文庫本用にしましたが、ゴムテープで本の厚みの調節は可能になってます。
  2. 表布を1枚に縫い合わせる。(切り替えをつける)このほうが布合わせが楽しいので1枚よりもひと手間かかりますが絶対おすすめ。

    手作りブックカバー表布

    こんな感じです。縫い代部分はしっかりアイロンを当ててくせ付けしておきます。

    これ、とても大事です。仕上がりの良し悪しの80パーセントはこれにかかってるかも

  3. 表布と裏布を中表にして縫う(返し口を残す)。この時本の後ろ側のほうになる部分にゴムテープを挟み込んで縫う。(ちょっとハードル高めですが本の厚みの調節が可能になるのでがんばっていきましょう)
  4. 返し口から返してアイロンをしっかり当てる(アイロンは大事です)
  5. 本を挟み込む部分(ゴムテープのついていない方)と返し口を手縫いで縫う。

    手ぬぐいブックカバー

  6.  バランスのいいところにボタンを縫い付けて麻の紐をぐるぐるっと巻いたらバッグの中でも本がバサバサ!となりません。

出来上がりです。

ブックカバーってなかなか自分の気に入ったものが見つからない!という方は一度手作りしてみてはいかがでしょう?